独自のスクリーニング技術が最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

独自のスクリーニング技術が
最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

今週の注目レース

今週も、ヒットメーカーの監修陣、専属記者等がお届けする新着情報をお楽しみにお待ちください。

6月26日(日)阪神11R・宝塚記念GI

  • 主な出走登録馬
    エフフォーリア【馬主:キャロットファーム・調教師:鹿戸雄一】
    タイトルホルダー【馬主:山田弘・調教師:栗田徹】
    ディープボンド【馬主:前田晋二・調教師:大久保龍志】
    ポタジェ【馬主:金子真人HD・調教師:友道康夫】
    デアリングタクト【馬主:ノルマンディーサラブレッドレーシング・調教師:杉山晴紀】

ヒットメーカー運営陣の見解

エフフォーリアは前走の大阪杯で初めての大敗。
これまでダービーでシャフリヤールに敗れる以外はG1・3勝を含む8戦して6勝ならば想定外と言える。そこに敗因を探すのであれば初めての長距離輸送。輸送それ自体に瑕疵はなく、あるとすれば前後の調整。
なにせ初めての長距離輸送であったため輸送で減るタイプか否かも手探り。結果的に陣営が選択したのは輸送で馬体が減ることを前提とした余裕残しの調整。結果としてこれが裏目に出て重めが残った分いつもの動きではなかった。あわせて多少の重めでの能力でなんとかなるという慢心も少なからずはあったかもしれない。
今回はこれをどう改善するかが最大のテーマで何らかの策を講じてくることは間違いのないところだが2度めの輸送でもまだ手探りであることが想定されるのでれば輸送競馬の調整方法はまだ確立されていないと見るが対策がはまれば普通に突き抜けられる能力はある。


対してタイトルホルダーはG1・2勝ともに阪神ならば輸送は全く問題のない馬だがこの馬の場合ポイントとなるのは距離だろう。菊花賞、天皇賞(春)と、ともに逃げ切り。ともにハナを切って一旦ペースを落として脚を溜めて最後の直線で二段ロケット発射という走りだが、同じ走りが2200mでできるかというところがポイントであろう。長距離戦では道中スローに落としやすいが2200m戦で淀みのないペースで流れた際に最後に脚を溜めて残せるかが勝負の分かれ目となるだろう。ただ出来に関しては「天皇賞よりもさらにいい」という声も聞こえてきているならあっさり克服できても驚けない。

この両馬に有馬記念、天皇賞(春)と2着に迫ったのがディープボンド。切れないがバテないというタイプでズブいというところからは脱却しておりある程度の脚は使えるが、あまり小脚が使える器用なタイプではないならやはり距離はもう少しあったほうがいい。ただ、引き続き坂のあるコースでレースが行われるのは歓迎。それでもそんな部分を考慮すれば大阪杯組のほうに適性の高さを感じる。

大阪杯勝ちのポタジェはディープインパクト産駒だがあまり切れるタイプではになららしくない産駒。おそらく母系の血が強く出ている馬で陣営も「切れるディープ産駒」という先入観に期待し、そこに拘ったがためか能力開花に時間がかかったが今は特性を理解し馬に合った調整を施せるようになりここにきてようやく素質開花といったところであろう。鞍上も馬の資質を十分理解しているという点では心強い。

デアリングタクトは脚部不安での長期休養を挟んでの前走のヴィクトリアマイルが悪くない競馬。大幅な馬体増にもかかわらずマイル戦を1分32秒7で走り抜けられたならば復帰戦としては上々で馬体も成長の後が感じられた。使った後は脚元の不安もなく順調で陣営からも「叩いてかなり良くなっている」との声が出ているようなら前走以上は明らかで往時の走りに近付けるようなら勝ち負けにまで持ち込めても。