独自のスクリーニング技術が最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

独自のスクリーニング技術が
最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

オフィシャルレポート

元関係者の耳寄り情報

10月16日更新オフィシャルレポート..

極めて近い存在でもある元関係者が語った


一昨年の凱旋門賞で先日引退を発表したエネイブルと戦ったクリンチャー
かつてないくらいの惨敗を喫して肉体的にも精神的にも相当なダメージを受けたとあって帰国後はなかなか調子が戻り切らなかったが、昨年の京都大賞典の後に思い切って長期間の休養をさせたこととダート替わりが功を奏した。
天皇賞・春で3着に入った4歳春の好調時の雰囲気に近づいてきた。

ダートに矛先を向けてからは勝ち切れないレースは続くが、マーチS2着、アンタレスS3着など、重賞でも小差の内容でこれまで馬券圏内を外していないように砂適性は高い。

重賞でも勝ち負けできる馬があえて今回は土曜京都11R太秦Sに出走してきただけに陣営も負けられない一戦と位置付けている。

「今回騎乗する祐一(福永)がオープン特別に使うの?って笑っていたけど、確実に賞金を加算していかないと今後は使いところに使えないからね。
少し間隔が空いたので先週あたりはまだモサモサしていたけど、先週の追い切りに祐一が乗ってからだいぶ前向きさが出てきた。脚抜きのいい馬場のほうがいいタイプだけに土曜の雨予報も歓迎。
別定で58キロを背負うけど、ここは力の違いを見せてくれるはず」とスタッフは気合十分。

再び大舞台で戦うためにも今回は結果が求められる。

今週ここは負けられないという陣営、さらに大ヤリ期待の伏兵馬情報を某厩舎関係入手できているだけに提供対象となっているプランでは的中、高額配当の期待値が高まる。