独自のスクリーニング技術が最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

独自のスクリーニング技術が
最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

オフィシャルレポート

日曜中京4R

昨年から新種牡馬として2歳馬がデビューしたキタサンブラック産駒。
初年度から東スポ杯2歳Sを勝ったイクイノックスを輩出して今年のクラシック戦線をにぎわせてくれそうな予感は十分だ。
昨年7月の小倉の2歳未勝利戦をコナブラックが制して「産駒の初勝利は狙っていたから素直にうれしいね」と笑顔が弾けていたのがキタサンブラックを管理していた清水久詞調教師。
ただ、その後は芙蓉S、芝1勝クラスを使ったが5、4着と惨敗が続いている。
そんな現状を打破しようと清水久調教師は早くも見切りをつけて日曜中京4Rのダート1800mへと矛先を向けてきた。
ブラックの子供は性格が良くて距離の融通性も利くからね。
ブラックはダートを使わなかったけど、あれだけのパワーがある馬だから砂でも相当活躍できたと思っている。
コナブラックはワンペースな感じで前のめりに走るので条件替わりはいいと思いますよ
」と適性を重視しての参戦と話す。

ここはキタサンブラックを超一流馬へと育てた清水久師の相馬眼に狂いがなことを証明してくれるはずだ。