独自のスクリーニング技術が最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

独自のスクリーニング技術が
最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

オフィシャルレポート

怒り心頭の内容とは!?

「松本君が注意義務を怠って騎乗停止になったけど、前回の佑介はもっと酷かった」と田中克厩舎の上田助手が前走の藤岡佑介の騎乗に怒りを抑えられないのが函館記念に出走するハナズレジェンド

前走・都大路Sは道中は最後方を追走していたが、直線はステッキを入れることもなくただ回ってきただけで5着。

上田助手はゲート裏まで付き添っていたのでレースをライブで観戦できず、掲示板を見たら5着という結果に「よく頑張ってくれた」と思いながら検量室に馬を引き揚げに行くと周りから「あれはないわ」と声をかけられたそうであとでリプレイを確認するとさらに怒りが沸き起こったそうだ。
それでも最速の上がりをマーク。ダートとはいえオープン勝ちしているのが伊達ではないのを証明した。

上田助手といえばスプリンターズSを最低人気のダイタクヤマトで制した腕利きでほかにもアストンマーチャンも担当していて仕上げには定評がある。

「ネットではヤラズレジェンドなんて書き込みがあるくらいやからね。引き揚げてきて『まともなら突き抜けていた』って佑介が言っていてちゃんとやれよ、と思った。
転厩初戦で半信半疑だったけど、あれで走るのは分かったし、馬は8歳でも元気が良すぎるくらい。
札幌で2勝していて洋芝の適性は高いし、前走で負けたことでハンデも54kに収まったからね。まともに競馬してくれれば…」と上田手は前走の憂さを晴らしたい構えだ。