独自のスクリーニング技術が最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

独自のスクリーニング技術が
最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

オフィシャルレポート

『策士』と呼ばれる藤原英昭調教師


栗東班長は牡馬クラシック第一弾の皐月賞が中山競馬場で行われる。

数々のビッグレースを制して関係者から『策士』と呼ばれる藤原英昭調教師が「うちのはここが勝負やからな」と狙い済まして仕上げたのが昨年の朝日杯FS(3着)以来となるレッドベルオーブ

未勝利、デイリー杯2歳Sを続けてレコードで勝って前回は1番人気に支持されたが「レコードの反動もあって馬が苦しがって乗りにくくなっていたからな」と藤原英師は3着に敗れたのも当然といった口ぶりで悲観の色はなかった。

「今回は放牧で背、腰が良くなってあの福永でも乗れるようになって操作性が高まってるからな(笑い)。

スピードの持続力が要求される中山2000mもこの馬にピッタリ」
と前回とは雲泥の差を強調。

最終追いに騎乗した福永も「今週の稽古は時計こそ遅かったが追ってからの反応が前回とはまるで違う。

前走までは頭を上げていたけど、それもなくなってフォームも良くなっている。
朝日杯FS1番人気になった馬が何でこんなに人気ないねん」
と低評価を覆す走りを見せることに自信満々だった。