独自のスクリーニング技術が最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

独自のスクリーニング技術が
最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

今週の注目レース

今週も、ヒットメーカーの監修陣、専属記者等がお届けする新着情報をお楽しみにお待ちください。

2月28日(日)中山11R・中山記念

  • 主な出走登録馬
    バビット【宮田直也・浜田多実雄(栗東)】
    ヒシイグアス【阿部雅英・堀宣行(美浦)】
    ケイデンスコール【サンデーR・安田隆行(栗東)】
    クラージュゲリエ【キャロットF・池江泰寿(栗東)】
    ウインイクシード【ウイン・鈴木伸尋(美浦)】

ヒットメーカー運営陣の見解

大阪杯G1に向けて続々と実力馬が集結する中山記念G2

バビットはラジオNIKKEI賞G3、セントライト記念G2を連勝した後、菊花賞G1、有馬記念G1に挑戦したがいずれも二桁着順。

メンバーが強かった有馬記念、距離が長かった菊花賞と敗因は明らかで、やはり小回り競馬で逃げて押し切る競馬があっており距離もこれくらいがベストであろう。

中山芝1800mは逃げ馬が馬券に絡むことが非常に多いレースで有馬記念後に充電されてここ参戦なら改めて見直したい。


ヒシイグアスは前走の中山金杯G3勝を含み現在3連勝中。
全5勝中3勝が中山芝コースなら巧者の部類と言える。
3、4歳時にあまり無理使いされておらず使ったレース数も少なく明け5歳でも馬体はフレッシュ。
成長のハーツクライらしい上昇曲線をまさに描いている最中と言えG2でもこれくらいのメンバーなら通用していい。


ケイデンスコールは一昨年のNHKマイルC・G1で2着して以降、様々な距離を試されリズムを崩し噛み合わない競馬が続いていたがマイルに戻した前走の京都金杯G3でようやく復活の勝利。
おそらく距離はこれくらいがギリギリであろうが今の出来と合わせて中山芝1800mというコース特性を考えれば脚質的にもマッチしており前走から出来落ちもないならここでも圏内を十分に狙えるだろう。


クラージュゲリエはブランク明けを叩きつつ2、3着と復調気配。距離もこれくらいがベスト。
元値は皐月賞5着、ダービー6着がある馬が復調なった今なら実績上位が物をいう。
メンバー的にもそこまで抜けた相手はおらず、馬体も増え成長を感じさせるならここをきっかけに再ブレイクがあっていい。


ウインイクシードは中山巧者というよりも活躍の場が中山しかないという馬。
本来G2では荷が重いのは現実だが今年のメンバーなら御せても驚けない。
当然ローテーションも中山に合うように組まれており状態の良さは確かなら一角崩しを狙えていい。