独自のスクリーニング技術が最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

独自のスクリーニング技術が
最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

今週の注目レース

今週も、ヒットメーカーの監修陣、専属記者等がお届けする新着情報をお楽しみにお待ちください。

1月10日(日)中京11R・シンザン記念[レース情報]

  • 主な出走登録馬
    ククナ【キャロットF・栗田徹(美浦)】
    バスラットレオン【広尾R・矢作芳人(栗東)】
    レゾンドゥスリール【シルクR・須貝尚介(栗東)】
    ダディーズビビッド【田島大史・千田輝彦(栗東)】
    カスティーリャ【キャロットF・橋口慎介(栗東)】

ヒットメーカー運営陣の見解

アーモンドアイも勝った出世レース。シンザン記念G3

ククナアルテミスS・G3で2歳女王ソダシの2着なら相手が悪く一つ星を損した感もある素質馬。
兄にピロネロというパワータイプの配合でクタナの父はキングカメハメハ。スピード面ではこちらに分がありそうで配合のバランスも良い。

中京コースにいかにも合いそうなタイプで状態も良好。

バスラットレオンは朝日杯FS・G1で4着ならここでは実績上位。
デビュー時から徐々に体を大きくしていきながら成績が上がってきているのも好感。
比較的コンスタントに使われているが徐々に良くなっている点も見逃せない。

レゾンドゥスリールは一勝馬だが母のローブディサージュは阪神JF・G1勝ち馬という良血。
父ハーツクライは昨今マイルでの活躍も目立っており叩き2戦目のここは大きく時計を詰めてきそう。
調教の動きもいい。

ダディーズビビッドはメンバー中2頭いる2勝馬の1頭なら実績、経験は優位と見て取れOP2着があるのも心強い。
キズナの産駒であるが近親にアドマイヤムーンという良血で将来性が期待できる馬。
2勝目が中京マイル勝ちというのも強調できる要素である。

カスティーリャはモーリスの産駒で未勝利を勝つのに時間がかかったが距離を伸ばして勝てたことは評価できる。
牡馬にしては小柄な馬体であるが動きは実にパワフルでパワーを要する中京コースでさらに期待は膨らむ。