独自のスクリーニング技術が最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

独自のスクリーニング技術が
最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

今週の注目レース

今週も、ヒットメーカーの監修陣、専属記者等がお届けする新着情報をお楽しみにお待ちください。

5月4日(水)東京11R・NHKマイルC

  • 主な出走登録馬
    セリフォス【馬主:G1レーシング・調教師:中内田充正】
    ダノンスコーピオン【馬主:ダノックス・調教師:安田隆行】
    マテンロウオリオン【馬主:寺田千代乃・調教師:昆貢】
    ジャングロ【馬主:藤田晋・調教師:森秀行】
    ソリタリオ【馬主:サンデーR・調教師:西村真幸】

ヒットメーカー運営陣の見解

春の4歳マイル頂上決戦、NHKマイルC・G1

セリフォスはここまで4戦3勝のダイワメジャー産駒だが父の産駒にありがちな無骨さはなく牡馬にしては柔らかい動きをする馬で、その点が切れる脚を使えることに繋がっている感。
前走で無敗は途切れたが敗因は伸びない内に入ってしまった分の負けで悲観する内容ではなく、むしろ負けて尚強しのもの。
これまでの4戦が全てマイル戦で、左回りで2勝しているのもいい。
久々も苦にしない馬で総合的に減点材料がかなり少ない馬。
極端な外枠さえ引かなければまず勝ち負けになるだろう。


ダノンスコーピオンは2連勝で挑んだ朝日杯FS・G1が前出セリフォスと0.1秒差の3着。
前々走の共同通信杯は距離が長かったとは言わないが流れが遅くて脚が溜まり切らなかったのが敗因の感で前走のアーリントンCで即巻き返して勝利したのであれば血統的にも今ならマイルがあっているだろう。
また左回りと輸送を経験できたのも好材料。
ここ3戦で脚を貯める競馬が板についてきたのも好感でここでも仕掛けどころ一つで勝ち負けを狙えていい。


マテンロウオリオンは前走のNZTで2着に敗れているがトライアルと割り切ってのもので、それでいてタイム差無しなら上々の内容で長距離輸送を経験できたのも好材料と言える。
比較的完歩が大きい馬で内回りよりは外回りの方が合う馬なら東京変わりは歓迎。
叩いた上積みが大きく見込める今回はG1でも好勝負を期待できる。


ジャングロは1勝目を挙げるまでに時間がかかったが、ここにきて3連勝と競馬内容がグンと良化してきた上がり馬。
距離経験が1400mまでしかなかった馬だが前走で初めてのマイルを試して逃げ切りで勝利できたのであれば距離は問題ないと判断できる。
スピード豊かな馬で1200mでもハナを切って逃げ切れているのであればここもハナが予想され自分のペースで楽に逃げ込めるようならここでもチャンスは十分。


ソリタリオはスプリングSでの敗戦により評価を落としているが初めての内回りで良さが出なかったのであれば度外視していい一戦。
これまでの実績からも外回りで変われる余地はある馬。
また2走前のシンザン記念で前出マテンロウオリオンのタイム差無しの2着があるならマイルに戻るここは条件好転と言える。
モーリス産駒でもあり成長力が期待できるタイプでここで一気の変わり身があっても驚けない。