独自のスクリーニング技術が最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

独自のスクリーニング技術が
最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

今週の注目レース

今週も、ヒットメーカーの監修陣、専属記者等がお届けする新着情報をお楽しみにお待ちください。

11月14日(日)阪神11R・エリザベス女王杯

  • 主な出走登録馬
    アカイトリノムスメ【金子真人HD・国枝栄(美浦)】
    レイパパレ【キャロットF・高野友和(栗東)】
    ウインマリリン【ウイン・手塚貴久(美浦)】
    ウインキートス【ウイン・宗像義忠(美浦)】
    ランブリングアレー【社台RH・友道康夫(栗東)】

ヒットメーカー運営陣の見解

牝馬中距離女王決定戦エリザベス女王杯G1!3歳馬か?それとも古馬か?

アカイトリノムスメはぶっつけで秋華賞を制覇。
小回り2000mがどうかと懸念されたが先行して渋とく抜け出せたのであれば春よりも体力がついてきていることを伺わせた。
今回は間隔が詰まるため久々を使った反動が気になるところだが一週前追い切りを見る限りではそんな心配は無用でむしろ良くなっている感。
あとは世代間の力関係一つであろう。


今年の大阪杯G1勝ち馬レイパパレはオールカマーG2から始動したがよもやの4着。
宝塚記念G1同様に坂を登り切ってから脚が止まった。
こうなると大阪杯が恵まれての勝利にも思えなくもないが実際オールカマーは若干の太め残りであったことを考えれば巻き返す余地は残されているといえるがここが正念場であることも確かだ。


逆に気勢が上がるのがオールカマーを1,2着したウイン2騎。
ウインマリリンは枠に恵まれたとはいえ全く隙のない完璧な勝利。

2500mのG2日経賞でも勝利している馬で距離への融通性は高い。
陣営もオールカマー時に「春よりもさらに成長している」と宣言してその通りに勝ち上がったのであれば歳を経てさらに良くなっていると判断していいだろう。
鞍上は乗りに乗っている横山武史。期待するなという方が無理だろう。


ウインキートスは札幌記念G2が完全な太め残り。
そこを叩いてオールカマー2着なら変わり身を見せたと判断できる。
目黒記念G2を勝った時のように楽に番手に収まればそう簡単には止まらない馬。
極端な外枠さえ引かなければここでも上位に食い込む力は十分にある。


ランブリングアレーは春のヴィクトリアマイルG1で後方から鋭く追い込みグランアレグリアの2着。
相手が相手だけに負けて強し一戦であった。
ただ、今の阪神芝コースは差し馬には不向き。

だが中山牝馬S・G3でも不向きな展開を豪快に差し切っているなら馬場傾向だけで切るのは早計。

鞍上も馬場をよく研究している吉田隼に戻るなら再度の豪脚一閃があっていい。距離は守備範囲とみる。