独自のスクリーニング技術が最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

独自のスクリーニング技術が
最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

今週の注目レース

今週も、ヒットメーカーの監修陣、専属記者等がお届けする新着情報をお楽しみにお待ちください。

9月12日(日)中京11R・セントウルS・G2

  • 主な出走登録馬
    レシステンシア【キャロットF・松下武士(栗東)
    カレンモエ【鈴木隆司・安田隆行(栗東)】
    ピクシーナイト【シルクRH・音無秀孝(栗東)】
    ジャンダルム【前田幸治・池江泰寿(栗東)】
    クリノガウディー【栗本博晴・藤沢則雄(栗東)】

ヒットメーカー運営陣の見解

サマースプリントシリーズ最終戦は熱き戦いセントウルS・G3

このレースはサマースプリントシリーズの最終戦にしてスプリンターズS・G1の前哨戦という位置付け。
ようは使ってきている馬と夏を休ませた馬との戦いとなるのだが今年は夏を休ませた馬に分がありそうなメンバー構成だ。

実績、素質筆頭はレシステンシア
ヴィクトリアマイルは距離が長かったとみる向きもあるが、それを踏まえて乗るのが騎手で実際に3歳時にNHKマイル・G1で2着があるなら武豊は随分下手に乗った。今回は当時の鞍上ルメールに戻るのは好材料。

2走前の高松宮記念・G1で初の1200mにになんなく対応出来たのも、この馬の能力とセンスの賜物。
肝心の仕上がりだが予定より一週間早く帰厩したのは仕上げが予想以上に進んでいる証拠でいきなりから能力全開となりそうだ。

カレンモエは母にスプリントG1勝ち馬カレンチャンを持つロードカナロア産駒。
ここ3戦は3連続2着だがいずれのレースも強いところと戦ってのものなら悲観する材料ではない。
戦績を振り返ってみると直線に坂のあるコースの方が良いタイプのようで勝ち星のある中京コースで行われるのはタフな直線が味方しそうである。

ピクシーナイトはモーリス産駒の3歳馬だが血統とは裏腹に徐々にスプリンターとしての資質が開花している感。
実際に初の1200m戦であった前走のCBC賞・G3で小倉とはいえ1分6秒を切るかの時計で走破したのであれば現時点ではこの距離があっているのであろう。

3歳馬ということでまだ伸び代も多く、鞍上も完全に手の内に入れている福永なら上位を脅かす競馬が出来ても。

またこのレースを勝てば同点ながらサマースプリントチャンピオンの可能性もあるなら、ある程度以上の仕上げで望んでくることが予想される。

ジャンダルムは母にスプリントG1勝ちのビリーヴを持つ良血馬。

デビューからマイルに拘った使い方をされていたがスプリント戦に矛先を向けて母の血が開花した感。
前走の北九州記念・G3はハンデ戦のトップハンデ。
ほぼ前に行った馬で決着した中この馬は後方待機を強いられたのであれば条件が向かなかったとみて度外視していい。
今回は別定戦。スプリント戦ではまだ底を見せていない血統馬ならここは一変を期待していい。

クリノガウディー岩田康の手で完全に覚醒し現在2連勝中。
着差はいずれも僅かであるが余裕を持っての勝利で今までの不安定さは完全に消え去った。
元値は昨年の高松宮記念でグランアレグリアと勝ち負けを演じた馬で、その馬が覚醒したのであればまとめて面倒を見るというシーンも。