独自のスクリーニング技術が最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

独自のスクリーニング技術が
最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

今週の注目レース

今週も、ヒットメーカーの監修陣、専属記者等がお届けする新着情報をお楽しみにお待ちください。

7月4日(日)福島11R・ラジオNIKKEI賞

  • 主な出走登録馬
    タイソウ【中辻明・西園正都(栗東)】
    リッケンバッカー【安原浩司・西村真幸(栗東)】
    アサマノイタズラ【星野壽市・手塚貴久(美浦)】
    ジュンブルースカイ【河合純二・友道康夫(栗東)】
    シュヴァリエローズ【キャロットF・清水久詞(栗東)】

ヒットメーカー運営陣の見解

波乱を呼ぶ!みちのく3歳ハンデ重賞ラジオNIKKEI賞・G3

タイソウはプリンシパルSで3着し世代オープンでも通用するところを見せた後、自己条件を逃げ切ってきっちりメルボルンTで2勝目。

安定した先行力はまさに福島向きで前走後はここ目標に順調に乗り込まれており重賞でも。

リッケンバッカーは未勝利を勝った後、G3アーリントンCで2着しNHKマイルC・G1でも4着。
実績的には最上位で脚力も十分だが重ハンデと福島適性がどう出るかというところ。

アサマノイタズラは皐月賞トライアルのG2スプリングSで2着。
デビューから一貫して中山コースを使われているようんに右回りを選んで使われている馬。
脚質的にも小回り福島は合っており、リフレッシュされていい状態の今ならここでも好勝負も十分にありえる存在。



ジュンブルースカイは2歳時に東京スポーツ杯2歳S・G3でダノンザキッド1着で内容も評価できる3着。
一度叩いた後の前走できっちり2勝目を上げているように臨戦過程は悪くなく、叩き3戦目の今回はさらに動けそうな感。

脚質的に福島が向くかはなんとも言えないところであるが力を出せれば見せ場以上を期待できる。

シュヴァリエローズは皐月賞こそ11着と敗れているが2歳時にオープンの萩S勝ちがあり、明けて3歳でもオープンの若葉Sで2着がある馬なら世代上位の力があると言える。

皐月賞後はここ目標にしっかり乗り込まれており臨戦態勢が整ったここはいきなりからやれていい。

続々と最新情報が更新されています。今週もヒットメーカーの各種情報を見逃しないようお願い致します。