独自のスクリーニング技術が最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

独自のスクリーニング技術が
最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

今週の注目レース

今週も、ヒットメーカーの監修陣、専属記者等がお届けする新着情報をお楽しみにお待ちください。

5月9日(日)東京11R・NHKマイルC[レース情報]

  • 主な出走登録馬
    グレナディアガーズ【サンデーR・中内田充正(栗東)】
    シュネルマイスター【サンデーR・手塚貴久(美浦)】
    バスラットレオン【広尾R・矢作芳人(栗東)】
    ホウオウアマゾン【小笹芳央・矢作芳人(栗東)】
    ピクシーナイト【シルクR・音無英孝(栗東)】

ヒットメーカー運営陣の見解

3歳マイル王決定戦!NHKマイルC・G1

グレナディアガーズは前哨戦のファルコンSを叩いて青写真通りに良化。
春はここを目標に逆算してローテーションを組んでおり仕上げに抜かりはなさそうだ。

血統的にも父は英国のマイル王フランケル
無駄のないローテーションで成長を阻まなかった分前走以上の出来で出走してきそうだ。


シュネルマイスターは弥生賞2着馬。

勝ったタイトルホルダー皐月賞2着ならその価値は高い。

皐月賞の出走権利を持っていた馬だが血統的にKings man産駒でマイラーであることを考慮しここまで待機

実際に新馬戦を札幌の1500m、ひいらぎ賞を中山の1600mで勝っているのであればマイラーとしての資質は高く、弥生賞は能力だけで2着まで押し上げたと考えればマイルでさらなる強さを発揮しても驚けない。

バスラットレオンはキズナの産駒。

ニュージーランドT・G2を逃げ切り圧勝してここに挑む形となるが2歳時には朝日杯FS・G1で4着しており当時から素質の片鱗はのぞかせていた。

デビュー当時からからだと20kg近く増えているのであれば、ここにきての成長は確かで前走の圧勝劇も頷ける。

逃げなくても競馬ができる馬でもあり立ち回りのうまさでここでも好勝負出来てうう。

ホウオウアマゾンは休み明けでアーリントンC・G3勝ち。

デビューから一貫してマイルを使われており、母のヒカルアマランサス(アグネスタキオン産駒)もマイル重賞を勝っている。
血統的にはマイル血脈といえるであろう。父はキングカメハメハでここを勝つようなら親子制覇となる。

ピクシーナイトは今年のシンザン記念を勝ったモーリス産駒。

冬場を休ませて前走のアーリントンCで復帰し僅差4着なら休み明けにしては上々の内容と言える。
当然、ここ目標の一叩きであり上積みは必至で変わり身が大きいようなら大勢逆転まで。