独自のスクリーニング技術が最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

独自のスクリーニング技術が
最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

今週の注目レース

今週も、ヒットメーカーの監修陣、専属記者等がお届けする新着情報をお楽しみにお待ちください。

10月11日(日)中山11R・毎日王冠[レース情報]

  • 主な出走登録馬
    サリオス【シルクR・堀宣行(美浦)】
    サトノインプレッサ【サトミHC・矢作芳人(栗東)】
    ザダル【キャロットF・大竹正博 (美浦)】
    ダイワギャグニー【社台F・菊沢隆徳(美浦)】
    サンレイポケット【永井啓弍・高橋義忠(栗東)】

ヒットメーカー運営陣の見解

秋の東京開催開幕。今週は伝統の毎日王冠G2で3歳馬と古馬が激突。

今週はいよいよ無観客開催が解けて限定ながら観客入場再開。盛り上がること必至の毎日王冠に注目!

不動の主役は皐月賞、ダービーともにコントレイルの2着の3歳馬サリオス。幻の二冠馬登場ならここは逆らう手はない。春まではマイル戦が適距離と言われていた馬だがダービー2着ならやはり地力の高さを認めざるを得ない。

ハーツクライ産駒なだけに一夏越しての成長が大きく期待できるこの一戦。距離も適距離ならば勝ち負けに顔を出してくるのは必至であろう。

同じ3歳馬のサトノインプレッサはNHKマイル・G1こそ崩れはしたもののダービーでは4着。

1800mの毎日杯勝ちがあるように1600mは短かったか?

今回は勝ち鞍のある1800m戦。この後は同厩舎のコントレイルを避けて天皇賞(秋)へ向かうことがおそらく予想されるならこの距離で無様な競馬はできないところだろう。

昨年のプリンシパルS勝ち馬のザダルはその後の3戦こそ振るわなかったが5月のメイSで復活の兆しを見せる3着。

その後、新潟の関越Sを勝ったのであればいい頃の出来に戻ってきたとも言えるし成長が窺えることも加味できる。
また、左回りのこれくらいの距離がベストの馬で明けて4歳となり馬肥ゆる秋なら古馬の貫禄を見せることが出来る条件が揃ったといえそう。

今年春のエプソムCを今回と同舞台の東京1800mで勝ったダイワギャグニーが復調気配。
3歳時にこのレースに参戦した際には4着であったが上位3頭中2頭がG1馬。

また、そのレースでマカヒキ、ワンアンドオンリーという2頭のダービー馬に先着しているなら、ここまでかなり強いところと戦って揉まれてきているといえ、そんな馬が復調気配なら無視できない存在であろう。

新潟記念3着のサンレイポケットが面白い存在。先行した馬が1、2着で決まったレースを一頭だけ後ろから追い込んで3着。

上がりは当然最速で32.4秒。左回り巧者でもありこの馬向きの流れになり瞬発力を活かせるようなら一角崩しがあっても驚けない馬。
状態も中間の動きからは引き続き良好で侮れない。