独自のスクリーニング技術が最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

独自のスクリーニング技術が
最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

今週の注目レース

今週も、ヒットメーカーの監修陣、専属記者等がお届けする新着情報をお楽しみにお待ちください。

4月25日(日)阪神11R・マイラーズC[レース情報]

  • 主な出走登録馬
    ケイデンスコール【サンデーR・安田隆行(栗東)】
    ギベオン【社台RH・藤原英昭(栗東)】
    エアスピネル【ラッキーフィールド・笹田和秀(栗東)】
    エアロロノア【ラッキーフィールド・笹田和秀(栗東)】
    アルジャンナ【吉田勝己・池江泰寿(栗東)】

ヒットメーカー運営陣の見解

安田記念を睨む馬がここから始動!マイラーズC・G2

ケイデンスコールは今年の京都金杯G3を勝ち中山記念G2でも2着。
一昨年のNHKマイルC・G1で2着した以降は低迷が続いていたがここにきて復活。
父ロードカナロア自身もそうだが産駒の多くを手掛けてきた安田隆行調教師曰く「カナロアの産駒は晩成が多い」とのことならばこの言葉の意味は重く、ここにきてこの馬が充実してきたのも頷ける。

また競馬に行って結果が出ていなかった時期は振り返れば距離が合っていなかったケースが多く、この馬は1400mでは短く1600m~1800mが現状はベスト。
そして重馬場は全くダメ。今の阪神は多少馬場が荒れてはいるものの悪い馬場ではなく雨さえ降らなければここも好勝負。

ギベオンは大阪杯を回避してここまで待機。前走は最低人気での勝利でしたが調教では凄き動けており今まで結果が出なかった点をかなり矯正されてのものでした。
いくら偶然が重なったとは言えデアリングタクトを抑え込むという芸当は並大抵ではありません。
状態は引き続きキープしていますのでここも積極的に狙っていいと思います。

エアスピネルは3歳時にクラシックを皆勤。菊花賞では3着に入っているように素質の高さは疑う余地のない馬。
その後マイル路線に転じて重賞を2勝したが気象の難しさが災いして低迷。
その後ダート路線に転じるもなかなか結果が出なかったのですが前走のフェブラリーS・G1で2着と激走し力の衰えのないところを見せました。
気性が難しい馬ですが噛み合うと前走くらいは走れる馬ですのでここでも要注意です。

同じエアでもエアロロノアはここまで安定感たっぷりの競馬で3連勝でOP入り。
これまで馬券圏外がただの1回の堅実派。距離をマイルから1800mに絞ってからはコンスタントに33秒台の末脚を使えるようになっており今の充実度は本物と見ていいでしょう。
明け4歳の上がり馬ですしここも一気に突破ということもあり得ます。

アルジャンナは昨年の2歳時に新馬を勝った後、東京スポーツ杯2歳Sでコントレイルの2着。その後3歳時には毎日杯でも2着しダービーまで駒を進めた馬。その後休養し2月に戦列復帰した際には体を増やして成長の後も感じられた。

本質マイルがいいという判断で復帰戦にマイル戦が選ばれたが休み明けで0.2秒差の5着なら悪くない内容。
叩いて変わってくればここでも力は見劣らない。

中央競馬情報はもちろん、地方の情報も現在連勝中!

余談ですが、今週は川崎開催です。もちろんヒットメーカースタッフも現地入りしております。そちらもお見逃しなくお願い致します。