独自のスクリーニング技術が最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

独自のスクリーニング技術が
最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

今週の注目レース

今週も、ヒットメーカーの監修陣、専属記者等がお届けする新着情報をお楽しみにお待ちください。

4月11日(日)阪神11R・桜花賞[レース情報]

  • 主な出走登録馬
    ソダシ【金子真人HD・須貝尚介(栗東)】
    サトノレイナス【サトミHC・国枝栄(美浦)】
    アカイトリノムスメ【金子真人HD・国枝栄(美浦)】
    メイケイエール【名古屋競馬・武英智(栗東)】
    エリザベスタワー【社台RH・高野友和(栗東)】

ヒットメーカー運営陣の見解

いよいよクラシック開幕。第一弾は桜花賞G1!

これまでデビューから4戦4勝と無傷の4連勝で昨年の2歳女王に輝いたソダシ
三戦目までは全く危なげない走りであったが前走はゴール前で一瞬ヒヤリとする場面があったが
並んでからの勝負根性で相手を競り落としたのには頭が下がる。


今回はそれ以来の実戦となるが帰厩後もしっかり乗り込まれ態勢は万全。
ここは連勝を止めずに次に向かいたいところだ。

サトノレイナスは前走の阪神JF・G1で女王ソダシをあと少しまで追い込んだディープインパクト産駒。
タラレバとなるが最後にルメールがソダシに併せにいかなかったら結果は違ったかもと思わせる内容。
切れる脚があるのは前回で証明済みで見えないところから飛び込んでいく影武者殺法が嵌れば逆転も。

アカイトリノムスメは母に牝馬三冠のアパパネを持つディープインパクト産駒の良血。
1戦目こそ競馬を分かっていなかったのか取りこぼしたが、そこから3連勝と素質の片鱗を徐々に見せ始めた。
特に前走のクイーンC・G3では懸命に追い縋るアールドヴィーヴルを根性で競り落としました。
見た目にまだ若干非弱さが残っていただけにあの勝負根性には脱帽。まさに母譲りでしょう。

今回は約2ヶ月間隔が空きましたがその間に更なる成長があれば上位逆転もあっていい馬です。

王道トライアルのチューリップ賞組から1着同着の2頭。
まずはメイケイエール。チューリップ賞ではスローで相当掛かっていましたが武豊騎手が懸命に抑えて最後は行かせましたがそれでもそのまま持たせたのは長くコンビを組んでいて癖を掴んでいたからでしょう。
ところが今回は武豊騎手骨折のため横山典騎手に乗り替わり。
癖馬を乗りこなすのには定評がありますがテン乗りとなるとどうでしょう?
そこが少し不安材料にも...。

逆に同じ1着のエリザベスタワーは川田騎手が連続騎乗。
前走も勝ったようによく頑張ったのですが川田騎手曰く「最後はササって追いづらかった」と語っていたように全力を出しての勝利ではなかったようです。
おそらく今回は色々矯正してくることから上積みという点ではこちらのほうが期待は大きいか。