独自のスクリーニング技術が最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

独自のスクリーニング技術が
最新鋭且つ革新的な情報の選別を実現

今週の注目レース

今週も、ヒットメーカーの監修陣、専属記者等がお届けする新着情報をお楽しみにお待ちください。

4月4日(日)阪神11R・大阪杯[レース情報]

  • 主な出走登録馬
    コントレイル【前田晋二・矢作芳人(栗東)】
    グランアレグリア【サンデーR・藤沢和雄(美浦)】
    サリオス【シルクR・堀宣行(美浦)】
    レイパパレ【キャロットF・高野友和(栗東)】
    アドマイヤビルゴ【近藤旬子・友道康夫(栗東)】

ヒットメーカー運営陣の見解

今週は古馬中距離王決定戦大阪杯G1で昨年のダービー馬コントレイル始動!

コントレイルは昨年の牡馬三冠馬。無敗でダービーまで制したことで体を菊花賞仕様に作り三冠を達成したが気性的にはやはり若干掛かっていたとのこと。
それでも勝ち切るのはやはり能力。

今回は間を空けたことにより体に幅が出て成長を感じさせており仕上げも中距離仕様に戻して万全の態勢。
主戦の福永騎手からも「出るレースは全部勝つ」と気合の入ったコメントが出ておりここは出たとこ勝負。

グランアレグリアは昨年、安田記念、スプリンターズS、マイルCSとG1を3勝。
年度代表馬こそアーモンドアイに譲ったがこの馬が年度代表馬であっても驚けない成績であった。
体の成長とともに操縦性も増して折り合いがつくようになったのが昨年の快進撃の要因で、そういった意味で今なら2000mのG1でも通用するだろう。

サリオスは昨年上記2頭の壁に散々跳ね返されたがあくまでも3歳馬としての立場であったのであれば相手が強かったという印象。
1週前調教でも新コンビを組む松山騎手を鞍上に推進力たっぷりの走りでここにきての成長をお大きく感じさせる。
ハーツクライ産駒は成長力に定評があり、今年はコントレイルを逆転できても驚けない。

ここに割って入る可能性を秘めているのがレイパパレ
デビューが3歳1月と遅かったことと成長のスピードが緩かったこともあり昨年は秋華賞にも間に合わなかったが、それでもここまで無傷の5連勝で昨年末はチャレンジC・G3を楽な手応えで制している。

ディープインパクトの良血で母系にも重賞で活躍した馬がズラリといる一本筋の通った血統。
体も一回り大きくなり成長を感じさせる今なら一角崩しがあっても。

まだ能力の全てを出し切っていないという点では前出レイパパレと似たようなことが言えるのは同じディープインパクト産駒のアドマイヤビルゴ

セレクトセール6億円超えの超良血で昨年は成長を待って大事に使われてきたがその甲斐あり帰厩してからの動きは上々。
今年初戦は馬場に泣き10着と敗れたが、あれが実力でないことは周知の事実。
立て直された馬は完全に臨戦態勢に入っており、一変を感じさせる雰囲気ならチャンスはある。